ステッカーの形について

ステッカーの形について、当店ではお問い合わせ時に以下の4つよりお選びいただくようになっております。

カッティングステッカー(切り抜き・切り文字)

輪郭カット(デザイン内部はカットなし)

四角形や円形(背景色あり)

四角形や円形(背景透明)

まず、カッティングステッカー(切り抜き・切り文字)についてですが、下のようなデザインのものが該当します。

上の画像のように文字だけ切り取る場合や、輪郭の中の部分(画像左の文字部分)も切り抜く場合はカッティングステッカーに該当します。

ちなみに、上記2つのデザインのカットラインを表すと以下のようになります。

このようにカットラインが複数ある(線が一本でつながっていない)場合はカッティングステッカーに該当します。

また、カッティングステッカーを貼り付ける時は、文字などがバラバラにならないように転写シートを使用します。

転写シートを貼った状態で納品しますので、転写シートごと貼り付け、ステッカー部分が貼り付いたら転写シートを剥がすようにしてください。

次に、輪郭カット(デザイン内部はカットなし)です。

こちらはカッティングと似ているのですが、違いとしては、デザインの内部に切り抜く部分がないこと、カットラインが一本のみであることが挙げられます。

例えば、以下の画像のデザインが輪郭カット(デザイン内部はカットなし)に該当するのですが、

左がデザイン、右がカットラインとなります。

カッティングにも同じようなデザイン画像を載せておりますが、違いはデザイン内部の文字部分が切り抜きではなく赤になっていることが挙げられます。

上記画像右のカットラインを見ると、線が一本のみになっております。このようにデザイン内部に切り抜く部分がなく、カットラインが複雑なものが輪郭カット(デザイン内部はカットなし)となります。

次は、四角形や円形(背景色あり)ですが、以下の画像のようなステッカーが該当します。

左がデザイン、右がカットラインとなります。輪郭カットと同じくデザイン内部に切り抜く部分がなく、カットラインが一本のみとなりますが、違いとしてはオレンジ色の背景があることやカットラインが単純であることが挙げられます。

一般的にはこのタイプのものがステッカーとして一番認知されているではないかと思います。ノベルティー等でよく使われている円形や長方形などのものがこちらに該当します。

最後に、四角形や円形(背景透明)です。

上の画像左がデザイン、右がカットラインとなります。

先ほどの四角形や円形(背景色あり)との違いは、背景がオレンジから透明に変わったこととなります。(画像は便宜上透明部分を薄い灰色にしております。)

背景が透明ですので、貼る面の色を活かすことが出来ます。透明部分は何もないわけではなく、円形の透明色のステッカーとなり、文字部分だけが残るタイプ(カッティングステッカー)ではありません。

 

PAGE TOP